2013年02月07日

もうすぐバレンタイン

仕事で夜遅くに帰宅すると、わたしの枕元にカードが三つ。
「(小3の娘が)『お母さんあてにじゃないけど、見ちょって』やと。」と、母に言われる。
カードのあて名は全部クラスメイトの男の子Kくん。
(入学式の日から一目惚れして、ずっと片思い中のKくん。でも、最近もう一人、気になる男の子ができたらしい。)

一つ目のカードを開くと、絵の中に窓がある。開くと、もう一つ窓。
それを開くと、
「大スキ」の文字…。
三枚の紙を重ね合わせて作っていてなかなか凝っている。

二つ目。開くと、仕掛けカードになっていて、
2つのハートが起き上がる仕組み。
「ハートの中に『ヨロシク』の言葉がかくれてるよ!」
ふーん。

三つ目のカード。
「手作りのチョコ、食べてね。」

……。今年、手作り?
これは、間接的にKくんのためにチョコを作る作業を手伝えと依頼されたってこと…?

多分、下の娘(五歳)も上の娘がカードを作るのを見て一緒に作ったらしい同じタイプのカードがあった。
一つ目はほぼ一緒。
でも、完成度はイマイチで、『大スキ』の『大』しか窓から見えてない。
二つ目は、起き上がるハートの横に、
『本命だよ!』の文字…。
『命』って漢字、間違えちゅうし、『よ』は鏡文字。
何を見て作ったんじゃ?うちの娘らは?

五歳の娘のカードの宛て名は同じ幼稚園の一つ上の女の子、Y子ちゃん。
誰よりも、Y子ちゃんのお母さんがビックリすると思う…。

って、ことで、今年はバレンタインのチョコ、手作りします…。
posted by やよい at 13:37| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい話ですね、最近の子供たちは恋愛が早いなぁ・・・・。うちの娘ももうすぐ4歳で幼稚園に行きますがそんなことが起きるのかな?父親としては可愛いと思いつつ複雑な心境です(笑)という私は、もらったことはありますが必ずと言っていいほど気になる女性からはもらったことがありません。高校の時にJRで通学していましたが、見知らぬ女性から手作りのチョコをもらいましたが、名前も住所も分からず、前の日に火曜サスペンス劇場で毒チョコを食べて死んだシーンがありそのまま一年間押し入れに入れていたような気がします。複雑な思い出です。
Posted by くろ太 at 2013年02月07日 15:02
いやー。女子は小学生から女子高生ですよ。

しかし、見ず知らずの人に素性を明かさずの手作りチョコはダメですな。
押し入れ一年間、許す(笑)。
Posted by やよい at 2013年02月07日 15:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。